「ブックセラーズ」

f:id:artyuriko:20210711215045j:plain

世界最大規模を誇るニューヨークブックフェアに集まる、ブックセラーたちを追ったドキュメンタリー映画です。
The Booksellersとは「本を売る人たち」。
本を探し求め、見つけた本を売るお仕事をする、本を愛する人たちのこと。

登場するのは、ニューヨークの老舗書店の人たち、有名なブックディーラー、希少本のコレクター、伝説の人から若手まで。
宝物の本についていきいきと語る、本にとりつかれた人たちの、本への深い深い愛情を感じる映画です。

ブックセラーズのおうちは天井までの本棚に埋め尽くされています。「人間の想像力の歴史のウォーカー図書館」という、
エッシャーのデザイン?と思うような魅力的な建築の、美術館のような、ウォーカーさんの私立図書も出てきます。
非公開だそうですので、本当に自分のための図書館なんですね!

いくつかの言葉の中に、ブックセラーズの思いがわかるものがありました。
「本をオークションで散逸させたくない」
「本に正しい家を見つけてやるのは医者が患者を治すことに似ている」
「その本の正しい住所に戻すこと、その本にふさわしい人であり心からその本が欲しいけれど買えない人」
「本もまた その読者を読む」
あくまでもbook firstなのでした。


ビル・ゲイツによって史上最高額の2800万ドル約28億円で競り落とされた「レオナルド・ダ・ヴィンチレスター手稿」や
若草物語のオルコットが偽名で書いたパルプ小説、
人間の皮膚で作られた本をはじめ、宝石入りの本などの希少本が、たくさん紹介されます。

本作によると、多くの人がアートを所有したいと思うのにくらべて、希少本であっても所有したいと思う人は少ないそうです。
その理由は、本は絵画と違い他人に見せびらかす戦利品になりにくい(さわられたくないという気持ちもある)ということや、
印刷物なので、よほど変わったものでない限り一点ものではない(その代わり、誰に所有し継がれてきたのか、本への書き込みや汚れ、といったものが注目されます)ということがあるそうです。

近年、株と同じように投機目的で購入するアートコレクターが増えていると聞きます。
ブックセラーズは投機目的ではなく、けれど、ぜったいに売りたくないタイプのアートコレクターとも違うようです。
自分のテーマで探し求めた本なので売れるとは限らない。売らなくてもいいんです。蒐集家でもあるのですから。
求めている人がいて、その人に売れたらとっても嬉しい!共感し共有したい!という気持ちでしょうか。


ちなみに、ビル・ゲイツは世界中の各都市で一年に一度、「レスター手稿」を公開しているそう。
2018年2019年にはダ・ヴィンチ死後500年を記念して、ウフィツィ美術館に展示されました。
ビル・ゲイツが「レスター手稿」を、スキャンしデジタル画像にしたことで、
ダ・ヴィンチの手稿の中身を、ずーっと先の未来の人々まで知ることができる!
なんと素晴らしい人類貢献!

ダ・ヴィンチ最高額といえば「サルバトール・ムンディ」!もありましたね。
2017年、美術史上最高額 4億5030万ドルで落札された絵画です。
落札者は明かされず、現在どこにあるのかもわからないといいます。
こちらは、いつか見ることができるのでしょうか???

ブックセラーズのお家には、膨大な本とともに、アンティークな品々が飾られています。
アートオークションで高価格で取引されるようなものではなく、動物の骨とか部族の飾り的な、そのような類のもの。
本の蒐集過程で興味を持ち出会ったような品々で、これもまた本と同様に宝物。
「ブックセラーは探検者で歴史学者」なのですから。

オープニングクレジットは「本は長生きして私たち人間の考えが生み出した全てのものを伝える」。

「本」の魅力と、ブックセラーズの豊かな世界に触れることができる映画でした。

モダングラフィック技法講座

f:id:artyuriko:20210627131444j:plainf:id:artyuriko:20210627131503j:plain
世界共通の色見本帳です。
色が決まったらポスターカラーを混色することにより、近い色を作ります。
微妙な色合いも表現できることが、シルクスクリーンの魅力です。

f:id:artyuriko:20210627131824j:plain

このようなキットを使います。

f:id:artyuriko:20210627131545j:plain
シートを使用色ごとに切り抜きます。同じ柄で、色違いを作ることができます。

f:id:artyuriko:20210627131612j:plain
モリスっぽいお花柄。
Tシャツやテーブルクロスなどの布類や、球面などの平ではない面に印刷できるのもシルクスクリーンならでは。

f:id:artyuriko:20210627131634j:plain

f:id:artyuriko:20210627131734j:plain

モダングラフィック技法講座

f:id:artyuriko:20210627131444j:plainf:id:artyuriko:20210627131503j:plain
世界共通の色見本帳です。
色が決まったらポスターカラーを混色することにより、近い色を作ります。
微妙な色合いも表現できることが、シルクスクリーンの魅力です。

f:id:artyuriko:20210627131824j:plain

このようなキットを使います。

f:id:artyuriko:20210627131545j:plain
シートを使用色ごとに切り抜きます。同じ柄で、色違いを作ることができます。

f:id:artyuriko:20210627131612j:plain
モリスっぽいお花柄。
Tシャツやテーブルクロスなどの布類や、球面などの平ではない面に印刷できるのもシルクスクリーンならでは。

f:id:artyuriko:20210627131634j:plain

f:id:artyuriko:20210627131734j:plain

モダングラフィック技法講座

f:id:artyuriko:20210617130443j:plain

シルクスクリーン(孔版)は、木枠に張った布(シルク)に、
絵具の通る部分と通らない部分を作った版を乗せて、上から絵具をこすようにして下の紙に絵具を定着させる版画技法です。

f:id:artyuriko:20210617130346j:plainf:id:artyuriko:20210617130102j:plain

アンディ・ウォーホルが有名です。
井手先生所蔵の作品集を見せていただきました。

f:id:artyuriko:20210617130148j:plain

井手先生の、アクアチントによる作品です。


f:id:artyuriko:20210617130215j:plain

井手先生のシルクスクリーン作品。
3色、3枚のシートを使用しています。

f:id:artyuriko:20210617130311j:plain

f:id:artyuriko:20210617130409j:plain


f:id:artyuriko:20210617130525j:plain

版画

凸版方式(木版など)
凹凸(おうとつ)のある版の凸部分にインクをつけ印刷します。
最も長い歴史を持つ印刷方法で、印鑑に使われています。

凹版方式(ドライポイント、エッチング、アクアチント、メゾチントなど)
凹の部分にインクをつけ印刷。印刷部分を凹状にした版にインクをつけ、
そこから余分なインクをかき取り、残った凹部のインクで印刷します。
オフセット印刷が主流のため、お札など特殊なものの印刷に使用されています。

平版方式(オフセット印刷、石版リトグラフ
版自体に凹凸をつけず、水と油の反発性を利用し印刷します。
製版時に印刷部分を油性にしておき、版に水を与えると、
油性になっていない(印刷しない)部分だけ水を含み、この状態で版にインクをつけると、
油性の部分だけにインクが付着します。

孔版方式(シルクスクリーン
シルクスクリーンは、木枠に張った布に、絵具の通る部分と通らない部分を作った版を取り付けて
上から絵具をこすようにして下の紙に絵具を定着させる版画技法です。

美術作品でよく見る、「リトグラフ」「シルクスクリーン」は版画の技法のことです。
ヨーロッパでは19世紀に発明されたリトグラフ(石版画)が一般的で、多くの画家が制作しています。

リトグラフは、石の板に彫り付けた文字やイラストにインクを塗って写し取る石版画のような印刷の事です。
石の版に画家が油性の絵具で直接絵を描いて、絵具が乾いた後、版面に水を掛けて濡らし、
濡れた状態で油性の絵具を乗せると、油性の絵具で描いたところだけ絵具がつきます。
そこに紙を重ねて色を転写したものです。

シルクスクリーンリトグラフは複数枚刷れることから、価値が高くないと思っている方もいらっしゃるかと思います。
版画は限定数(エディション)を決めて作られます。限定数を刷った後の版は処分して、限定数以上は刷られることはありません。作品の画面下、サインの横に書いてある数字をエディションナンバーといいます。
サインとエディションの表記が決められたのは、
1960年にウイーンで開催された国際造形美術会議においてですので、それ以前の作品には表記がないものもあります。

19世紀の終わり頃から版画が美術の表現手段として広まり始め、画家が版画の制作過程を楽しみ、
全行程を自分で行うようになっていきます。 版画のための下絵を描き、版画制作の全行程に画家が関与し制作された版画を、
オリジナル版画といいます。
20世紀に入り、シャガールピカソマチスなどのオリジナル版画は、生前から人気が高く数多く制作されました。

f:id:artyuriko:20210626134554j:plain

マチスリトグラフ 《室内で読書する女》1925年

画家の原画をもとに、画家や遺族の承諾を得て版画が作られたものは、
オリジナル版画ではなく、エスタンプ(復刻版画)、リプロダクションといわれます。
リプロダクションであっても、版画制作の過程で、作家がどのように関わってきたかによって、
美術品としての価値が変わってきます。




作家が許可した版画工房や版画職人が制作した版画に、画家本人が目を通してサインしたものは、
原画を版画化したもの、ということからアフターがつきます。
アフター・シャガールというように。
オリジナル版画とは区別され、準オリジナル版画という位置づけになります。

次回は生徒さんのシルクスクリーン作品をご紹介いたしますね。

平塚美術館「川瀬巴水展」13日までです

平塚美術館 開館30周年記念 荒井寿一コレクション 川瀬巴水展 2021年4月24日(土)~6月13日(日)

大正から昭和にかけて風景版画を数多く制作した川瀬巴水(かわせ・はすい)の展覧会を見てきました。
抒情あふれる風景版画や、本の装丁、雑誌の表紙・挿絵・口絵、絵ハガキなどのグラフィックデザインなど。
すべて平塚市内の商事会社の代表を務める荒井寿一コレクションによるものです。

鏑木清方門下ながら伊東深水や名取春仙と比べその他大勢という扱いだった川瀬巴水
国内より海外で注目されていたそうで、
スティーブ・ジョブズが収集していたことで知られています。

荒井さんは、20年前 、ロンドンの骨董店で巴水作品に出会い購入、
収集を始めたそうです。

川瀬巴水(かわせ・はすい、東京生、1883-1957)は、大正から昭和にかけて風景版画を数多く制作した版画家です。
幼少より絵に関心を寄せて十代で断続的に日本画を学びますが、
家業を継ぐべき長男であったことから本格的に画業に身を投じることができませんでした。
転機が訪れた20代半ばから葵橋洋画研究所での学習を経て、27歳で鏑木清方に師事し、
ようやく画家として歩み始めました。

大正時代前半の巴水は、清方の弟子として雑誌の挿絵や口絵、広告図案などの仕事をし、「版」による制作に親しみました。
やがて同門の伊東深水が制作した風景版画《近江八景》の連作に影響を受けて木版画制作をこころざし、
版元・渡邊庄三郎と協力して、大正7(1918)年に塩原の写生にもとづく三部作を発表します。
以後、約40年にわたって日本各地を写生旅行し、その地に暮らす人々の生活や四季折々の風景をもとに、
詩情あふれる作品を数多く生み出しました。」

平塚美術館HPより


f:id:artyuriko:20210608142713j:plain

旅みやげ第二集 「金沢下本多町」1921

江戸後期の浮世絵師 歌川広重(1797-1858)より、ずっとモダンでオシャレです。
100年も後だからでしょうか?華やかでクールで、衝撃的です!
この大きな影の表現はヴァロットンのよう!

スイスの画家で、グラフィックアーティストであり、
現代木版画発展期の重要な人物であるヴァロットン( 1865-1925)の作品のようだと思いました。
浮世絵の大々的な展覧会が開かれたのは、1890年 エコール・デ・ボザールにて。
ヴァロットンも浮世絵をコレクションしていたといいます。
そして1890年代にナビ派に参加しています。

巴水の作品はナビ派っぽい・・・。
ナビ派が浮世絵の影響を受けているのだから、共通性はあるのかも。
巴水はナビ派を見たことがあったのかしら?

版画には絵師、版元 、彫師 、摺師がいます。
版元である渡邊庄三郎に興味が湧いてきました。

f:id:artyuriko:20210608143000j:plain

「元箱根見南山荘風景」1935
こちらもヴァロットンの油彩のようではないでしょうか?
これは現在の「山のホテル」です。有名なツツジが刺繍のように立体的に、盛り上がって見えます。版画なのに。

f:id:artyuriko:20210608143032j:plain

渡邊庄三郎について、いろいろ調べる中で、アート・ストームズさんの記事を興味深く読ませていただきました。

渡邊庄三郎は、1918年、風景画会員頒布会で巴水の作品に出会い、
その作風から木版画になりそうだと直感したそう。北斎や広重の古版画に飽きてきていた時代だったそうです。
そして、新たな芸術的な版画を作成。
庄三郎の美意識と版画研究の成果として「新版画」は確立され、これは海外でとても人気になったそうです。

新版画には江戸時代の浮世絵とは異なる版画手法が採用されているのだそう。
色に深みを持たせるための下刷りをする、バレンによる摺った傷跡を残す、そして色数の多さが違うということ。
北斎『赤富士』7色 、広重の最も色数の多い作品で『日本橋通り一丁目略図』33色
なんと江戸時代の浮世絵の大作と並ぶ30色を、巴水作品では平均的に使っているのでした!
詳しくは、アート・ストームズさんでご覧になってくださいね。

華やかさや、モダンさの理由の一つには、新版画ならではの手法が使われていた、ということがあるかもしれません。


f:id:artyuriko:20210608142754j:plain
東京二十景 「芝増上寺」1925


f:id:artyuriko:20210608142839j:plain
「鶴が岡八幡宮」1931
湘南美術アカデミーの展覧会場(7月予定)のアイザ鎌倉の近くです。

景色として眺めるだけではなく、
自分が八幡宮の前に立って陽ざしを感じているような体感を得られる作品だと思います。

人気絵師であった巴水は旅が好き日本中を旅し写生を残しました。
版画を見た人が、自分と同じように、その場にいるように感じてほしいとの思いを持って作品に残したということです。
巴水の願い通りに、どの作品も、その場の空気や光を感じることができます。

f:id:artyuriko:20210608143109j:plain
東海道風景選集「馬入川」1931

荒井寿一氏の素晴らしいコレクションの数々が並ぶ貴重な機会です。ぜひぜひお出かけください。

湘南美術アカデミー

モダングラフィック技法講座

 CD、LPレコードのジャケットデザインをしてみましょう!が、本日のテーマ。生徒さんの作品をご紹介いたします。

f:id:artyuriko:20210601121536j:plain
LPレコードのジャケット

f:id:artyuriko:20210601121832j:plain
CD これまで習ったことを活かした、オシャレな作品です。

f:id:artyuriko:20210601121748j:plain
カッコイイCDジャケットができました。

f:id:artyuriko:20210601121939j:plain

f:id:artyuriko:20210601122021j:plain
こんなふうに、ケースに入れると、
さらによい感じ!

f:id:artyuriko:20210601122105j:plain
マーブリングとコラージュを入れています。

f:id:artyuriko:20210601122149j:plain

次回は、なんとシルクスクリーンに挑戦です。ポスターカラーとヤマトのりを使うそうです。どんな方法なのでしょうか??お楽しみに。