三井記念美術館「国宝 雪松図と明治天皇への献茶」展開催中です。

f:id:artyuriko:20200117191245j:plain

日本橋の[http://www.mitsui-museum.jp/:title=三井記念美術館で「国宝 雪松図と明治天皇への献茶」を見てきました。

新春恒例の円山応挙の「雪松図屏風」と、令和改元にちなんで、
皇室に関する品が展示されています。

明治20年(1887)に京都御所御苑で、16回京都博覧会が開かれました。
会場に設けられた茶席で、京都に滞在中の明治天皇両陛下を迎え、三井家が亭主となって献茶が行なわれました。
その茶席に立てられたのが、この「雪松図屏風」なのです。


知人が、「一本の松の上の部分が左隻、少し下の部分が左隻に描かれているのね」と言います。
何度も見ている「雪松図屏風」ですが、一本の松だと思ったことがなかったので驚いて「どうしてそう思ったの?」と聞いてみると、
「お重に描かれた絵は重ねると一本の松になるでしょう。そんなふうに見えたから」
正解は、右隻が力強い老松、左隻が細い若木の松ということです。
でもお重のように重ねてみると、確かにモチーフは一本の松のようにも見えてきます。

藤原定家の書による掛け軸、永樂和全の天目茶碗も展示されており、
「雪松図屏風」の立つお茶席の雰囲気を感じ取ることができます。


柴田是真、横山大観小林古径など、帝室技芸員の作品の展示もあり、中でも
安田靫彦の<草紙洗小町>昭和17年(1942)の、美しい線、形、色彩、小町の表情に心惹かれました。
草紙洗小町とは,同名の能の中の、小野小町が歌の書かれた草子(本)を水で洗い流す場面を描いたものです。
宮中の歌合わせで、小野小町の相手となった大伴黒主は、小町の詠歌を盗み聞いて万葉集に書き入れ、
古歌だと主張しましたが、小町が草子を洗うとその歌の文字が消え、潔白を証明できたというお話。

「国宝 雪松図屏風」「国宝 志野茶碗(銘卯花壇)」
1月30日(木)までです。

湘南美術アカデミー

神奈川県立近代美術館 鎌倉別館リニューアル・オープン記念展1月19日までです。

f:id:artyuriko:20200115101348j:plain

 神奈川県立近代美術館 鎌倉館は、「鎌倉文華館鶴岡ミュージアム」としてオープンしています。
和モダンで開放的な雰囲気のカフェは、とてもオシャレ。
2010年に倒れた大銀杏の一部が展示されていました。

f:id:artyuriko:20200115101442j:plain

f:id:artyuriko:20200115101524j:plain


f:id:artyuriko:20200115101625j:plain

神奈川県立近代美術館 鎌倉別館では、リニューアル・オープン記念展<ふたたびの「近代」>が開催されています。
古賀春江岸田劉生藤田嗣治松本竣介村山知義山口勝弘などなどの、
近代美術の名品にとどまらず、近世から現代までの作品が紹介されています。
彫刻庭園を眺めながらお茶を楽しめる、カフェスペースもできていました。



f:id:artyuriko:20200118141900j:plain




f:id:artyuriko:20200118141925j:plain



f:id:artyuriko:20200118141949j:plain



こんな素敵な図録もいただけました。

アイザ鎌倉と合わせて、鎌倉アート散歩をぜひお楽しみくださいね。

湘南美術アカデミー

アイザ鎌倉 「湘南アートフェアー2020」開催中です。

f:id:artyuriko:20200114174501j:plain
中庭から眺める、鍋島正一先生の「揺れるベネチア」。
昨年の新制作展でも、話題になった作品です。
見逃してしまった方はぜひ、揺れる絵画を見にいらしてくださいね。

アイザ鎌倉の「アートギャラリー鎌倉小町」で、19日まで、「湘南有名作家グループ展」、新制作協会会員の鈴木幸子氏の個展「鈴木幸子初春の彩展」、「湘南美術アカデミーの教室展」を開催しています。
絵画、彫刻など、素敵なアート作品の数々が並んでおりますので、お気に入りの一枚をさがしに、ぜひお立ち寄りください。
f:id:artyuriko:20200114174552j:plain

f:id:artyuriko:20200114174620j:plain

f:id:artyuriko:20200114174705j:plain
新制作協会会員 鍋島正一先生の作品。
細密な描写を、ぜひ真近でご覧ください。

f:id:artyuriko:20200114174729j:plain

f:id:artyuriko:20200114174805j:plain
新制作協会会員 鈴木幸子氏の個展は、二階会場で開催中です。
お雛様がモチーフの小品も並んでいます。

f:id:artyuriko:20200114174857j:plain

f:id:artyuriko:20200114174922j:plain
彫刻家 三木勝先生の可愛らしい動物作品。
幸福のお守りといわれるフクロウは、ラリックと同じ製法による美しいガラス作品です。

f:id:artyuriko:20200114175030j:plain
ステンドグラスの馬場香津子先生の「鎌倉駅」。形はもちろん雰囲気も鎌倉駅そのものです。

湘南美術アカデミー

パステルで描かれたドガのチュール「印象派からその先へー世界に誇る吉野石膏コレクション展」

f:id:artyuriko:20191226165256j:plain

三菱一号館美術館 「印象派からその先へー世界に誇る吉野石膏コレクション展」

f:id:artyuriko:20191226165818j:plain

 三菱一号館美術館で開催中の「印象派からその先へー世界に誇る吉野石膏コレクション展」に行ってきました。

吉野石膏コレクションは、石膏建材メーカーの吉野石膏株式会社と吉野石膏美術振興財団が有する美術コレクションです。

ルノワールの初期から晩年までの重要な作品、モネ、ピサロシスレーセザンヌや、ピカソ肖像画、国内有数の質と量を誇るシャガールの油彩画など、フランス近代絵画の流れを一望できる72点を見ることができました。

 

1章:印象派、誕生~革新へと向かう絵画~
2章:フォーブから抽象へ~モダン・アートの諸相~
3章:エコール・ド・パリ~前衛と伝統のはざまで~

ルノワールドガ、カサットによるパステル画も見どころです。
パステルで描き出された、ルノワールの美しい水色や、ドガバレリーナのチュチュの透明感!
パステルの魅力にあらためて感動します。


ゴッホの<雪原で薪を運ぶ人々>1884年は、ミレーに影響を受けたオランダ時代の作品。田園や農夫が描かれた暗い色調の絵です。なかなか見る機会がない作品ではないでしょうか。私は実物を初めて見たと思います。

ルソー<工場のある町>1905年は、<飢えたライオン>1905年、と同じ年に描かれたものですね。ルソーらしい不思議さにハマる絵です。

この素晴らしいコレクション、どこにあるのかしらと思ったら、山形美術館に寄託されているそう!なかなか見に行けないのが残念です。
三菱一号館美術館での開催中に、ぜひお出かけくださいね。

 

湘南美術アカデミー

 

「ゴッホとヘレーネの森 クレラー・ミュラー美術館の至宝」


f:id:artyuriko:20191221111104j:image

 

f:id:artyuriko:20191221111128j:image 川崎市アートセンターで「ゴッホとヘレーネの森 クレラー・ミュラー美術館の至宝」を見てきました。初めて訪れた映画館(小劇場)です。

新百合ヶ丘の駅からすぐのところにあります。

 

「世界随一のゴッホの個人コレクター、ヘレーネ・クレラー・ミュラー夫人の目を通して、ゴッホを描いたドキュメンタリー。
フィンセント・ファン・ゴッホ作品の個人のコレクターとしては最大規模となる約300点を収集したヘレーネ・クレラー・ミュラー
オランダ有数の資産家で、4人の子どもの母親でもあった彼女は、娘が通っていた絵画教室で芸術に接し、絵画のコレクションをスタートさせる。
ゴッホ作品を中心とした彼女のコレクションは1938年にクレラー・ミュラー美術館として結実した。
本作ではゴッホ研究の第一人者であるマルコ・ゴルディンの監修により、修業時代から自殺の直前まで変化し続けたゴッホの作風を波乱の人生と重ね合わせて解説。
ゴッホとヘレーネが残した膨大な手紙から、芸術と人間の生を探究する2人の深層に迫っていく。
ガイド役として「人間の値打ち」「歓びのトスカーナ」で知られる女優バレリア・ブルーニ・テデスキが出演。」

2018年製作/90分/G/イタリア
原題:Van Gogh - Tra il grano e il cielo
配給:アルバトロス・フィルム


 ゴッホの絵に純粋に共感してコレクションしたヘレーネ。ゴッホの死後20年からコレクションを始めたということです。交流がなかったのが残念です。


ゴッホ、ヘレーネ、それぞれが残したたくさんの手紙を紹介しており、ゴッホが主にテオに宛てた手紙からは、芸術に対する思いや心情が伝わってきました。

ヘレーネについては、資産家の妻ながら狭い部屋で小さなベッドに寝るというゴッホに影響を受けたライフスタイルを持っていたことなどからも、ゴッホに心酔していたことはわかりましたが、どのような苦しみをもってゴッホに共感したのか、などヘレーネ自身のことをもう少し知りたかったです。

ゴッホの画風の変化を、時代別に説明しているのが、とてもわかりやすくてよかったです。たくさんの作品を細部まで見ることができるのがこの映画の魅力!
ミレーの影響を受け農民を描いたオランダ時代、ルノワールやモネなど印象派の画家たちから色彩などを盗んで自分のものにしていったパリ時代、渦巻やうねりなど、力強いタッチを確立したアルル時代、最後のサン・レミ時代には、大きなうねりがなくなっています。

 

こちらの映画は終わってしまいましたが、

1月25日から31日までは「エッシャー視覚の魔術師」が上映予定です。

 

湘南美術アカデミー