軽やかに、透明水彩画レッスン

イメージ 2
 
高根沢晋也先生の、透明水彩画教室がスタートしました。
にじみやぼかしを利用した透明水彩は、とても綺麗でわくわくです!
まずは先生がお手本を見せてくださいます。
デッサンはあまり描き込まない状態でよいそうです。
 
にじんで混色してよいところは、大胆に色を置いていきます。
 
イメージ 3
 
色を置いて、水をつけた筆で、濃い色を伸ばしていきます。
 
イメージ 4
 
にじんでほしくないところは、乾いた状態で絵具を置きます。
ガーベラは浅いおわん形をイメージして光と影をつけます。
バラも、手でつぼみの形を作ってみると、影になる部分がわかりやすい!
 
イメージ 5
こちらが私の見ているモチーフ。
 
イメージ 6
 
花瓶が大きすぎました!
花の立体感がでなくて、先生に描き加えていただきました。
背景のにじませ方も難しい!
背景の色で、モチーフの輪郭を引き出していくのだそうです。
 
イメージ 7
こんな風に仕上げていただきました!
そして先生の作品は、
 
イメージ 1
 
なんて素敵なんでしょう!
テクニックを習得していきたいです。
 
優しく教えてくださる高根沢先生の透明水彩画のクラスは、
静物画だけでなく肖像画のレッスンも予定されています。
11月7日には、鎌倉でスケッチ会も。
スケッチ会だけでも参加できますので、
遠足気分で(?)いらっしゃいませんか?
 
お問い合わせは